Enno Young Section Website
円応青年会ウェブサイト
新着情報
| RSS |
2011-05-05 14:33:00
■ 5月5日子どもの日の祭典 [円応青年会ニュース]

先月5月5日子どもの日に、円応青年会館グリーンホールにおいて、子どもの日の祭典が開催された。
 今年も青年会館周辺では、大阪地区青年部による子供コーナーが展開。パターボーリング、ダーツ、スーパーボールすくいや、輪投げやダーツなど人気のコーナーが沢山出店され、兵庫地区青年部におても食事模擬店が多数出店されにぎわった。

 10時からはグリーンホールにおいて式典が執り行われた。今年は3月11日に発生した東日本大震災で亡くなられた方々への慰霊として、黙祷が捧げられた。そして、慰霊と復興の心を込め、4月の春季大祭の際円応青年達により集められた折り鶴を、千羽鶴として真殿に捧げられ、最後にその感謝の心で、5月29日に行われる全国統一行動デー東日本大震災被災肢体不自由児への募金に参加しますと締めくくった。
 その後、教主様より御親教を頂いた。御親教の中で、「いつも自分は御教祖様と一緒にいるんだ、という事を忘れないようにしてください。そうして、今生き生かされている事に感謝を致しましょう。」と日々の生活での感謝について諭された。

 御親教の後、子供の日の祭典に出演してくれた子供達へ、教主様より教主様作成の桜の花をかたどった小皿が、出演者へ労いの言葉と共に手渡された。
 エンディングでは、折り鶴と同じく春季大祭の際に、集めた復興への桜の花のメッセージをボードに描かれた木に貼り付け満開の桜として、披露され、一日も早い復興の想いが伝えられた。最後に集いの喜びを会場の参列者と共に斉唱した。
 今年の子どもの日の祭典は、式典場内スタッフを京都地区青年部が、場外誘導スタッフとして三重地区青年部が活躍した。岡山地区青年部は、復興支援ブースを担当し、募金や折り鶴、復興メッセージを集めた。