Enno Young Section Website
円応青年会ウェブサイト
新着情報
| RSS |
2012-06-06 10:16:00
■ 第33回全国統一行動デー [円応青年会ニュース]

 5月27日(日)に肢体不自由児者へ向けて、第33回全国統一行動デーが、北は北海道から南は九州まで全国81カ所で一斉に開催された。現在の募金総額は、7、737、143円(募金額となった)。
 全国統一行動デーは、昭和55年に初めて肢体不自由児者の社会参加をめざし、街頭募金活動を全国一斉に実施している。
 以来、現在まで33年間途切れることなく継続して活動している。
 この活動は、社会奉仕活動の一環として、全国の円応青年に呼びかけ同じ目的の下、それぞれの地区で、肢体不自由児者に対する理解と協力を呼びかけ、学習を重ね続けられている。「体験はまず第一に我を知ることである」(教典七〇項)との御教祖様のみ教えの実践と、体験の場としても貴重な活動として密着されている。
 今年の募金活動は、全国的に天候に恵まれ、夏日を思わせる強い日差しの下、参加者は道行く人たちに大きな声で、募金への協力を呼びかけた。
 今回、深(ふか)田(た)惠(けい)子(こ)円応青年会名誉会長、深(ふか)田(た)良(りよう)一(いち)様、寛(ひろ)稀(き)様、誉喜(よしき)様は、田(た)野(の)伸(しん)二(じ)円応青年会会長と一緒に、兵庫県・神戸王子動物園前、JR宝塚駅周辺の2カ所の街頭募金場所で、参加者と共に率先して呼びかけられ参加者一同おおいに励まされた。
 各地区の状況を報告すると、兵庫地区では、名誉会長と会長より、激励の言葉をもらい、より一層元気な声で心をこめて道行く人々に協力を呼びかけた。
 岡山地区では、炎天下の中、人通りが少ない状況であったが、通りかかる人に丁寧に呼びかけを行った。
 三重地区では、参加者たちが懸命な呼びかけをした。道行く人に立ち止まってもらおうと、笑顔で元気な声で呼びかけた。 また、四国地区でも、大きな声と、明るい笑顔を募金のバネにして、道行く人に呼びかけた。 募金活動終了後、地区ごとに集計が行われた。多くの方々から寄せられた善意の浄財は、地区青年部によって、募金を実施した各地区の、肢体不自由児者協会、父母の会連合会、小規模作業所などに寄託される。